【子ども部屋】2部屋の仕切り方、引き戸?壁?

おうち関係

おーちゃん

我が家は、子ども部屋を2部屋作りました!

この2部屋をどう仕切るか、結構悩みました~

将来の活用方法も一緒に考えて決めた間取り、ご紹介していきます!

こんにちは、おーちゃんです^^

昨夜投稿したのに、不具合で消えてしまって再投稿してます(´;ω;`)ブワッ

今回は、子ども部屋の仕切り方についてです!

間取りが決定するまでに、3パターンの仕切り方を検討しました。

ボツ間取りとなった間取りも公開しています!

子ども部屋の間取り①:大きめの1部屋を引き戸で仕切る

子ども部屋の間取りで一番最初に候補となった形がコチラ。

9帖の広めの部屋を3枚の引き戸で仕切って2部屋に分けて使います。

この間取りのメリットは、状況に応じて部屋の広さを変えることが出来る点。

子どもが小さいうちは9帖を一緒に使える、小学生高学年になって個室で使いたいお年頃になったら、引き戸で仕切りそれぞれの部屋として使える。

ただ気になった点は、遮音性や遮光性に欠ける点。

壁ではなく引き戸なので、隙間が出来てしまいます。

我が家は兄妹なので、お年頃になって引き戸だけの仕切りでは少し心細いなと思い、ボツ間取りとなりました(ノД`)・゜・。

私も夫も、子ども時代は1部屋を兄弟・姉弟で使ってきたため、個室への憧れがある、というのも理由の一つですね(笑)

子ども部屋の間取り②:小さめの2部屋を作る(境界部分は収納)

コチラは次に候補となった間取り。

それぞれ4.38帖の2部屋は完全に別にして、境界部分は収納にしています。

遮音性・遮光性は心配ない間取り。

収納は、一条工務店で採用できるシステムクローゼットで、奥行60㎝のクローゼットと本棚が背中合わせに付いている仕様です。

使いやすそうで採用しようと思っていたのですが、気になる点が2つ出てきました。

1つ目は、上の部屋の幅1.5マス分クローゼット。

このクローゼットの折れ戸は2枚で出来ており、開けた時に手前に約50㎝飛び出てきてしまうんです(*_*)

広い部屋ならそんなに気にしないのですが、4.38帖しかない部屋でクローゼットの引き戸が家具と干渉してしまいそうで、ネックでした。

2つ目は、本棚。

便利だと思いますが、子どもがこの大きな本棚、オープン収納を活用できるのか・・・と思ってしまいました(笑)

その2点が気になって、ボツ間取りとなりました( ;∀;)結構気に入ってたんだけどね~

子ども部屋の間取り③:小さめの2部屋を作る(境界部分は壁)

コチラが採用した間取りです。

4.58帖を2部屋、仕切りはシンプルに壁、同じ間取りを反転させた間取りにしました。

あ、引き戸だけ違いますね。(笑)

左側部屋の引き戸の位置がベスト。

引き戸が真ん中にあると、右側の1マス分に本棚を置いてみるなど活用しやすいです♪

右側の部屋は向かい側にトイレがあり、トイレの引き戸の位置とずらしたくてこの位置になりました。

この間取りを今見ると、クローゼットを2部屋の境界部分に持ってきても良かったのかな~と思います。

境界部分を完全に収納で塞ぐことはできないけど、音漏れが少し軽減したかもなぁ(=゚ω゚)ノ

ま、そこは後悔するまでないので、いいです(笑)←イインカーイッ!

将来の子ども部屋の使い方

子ども部屋の間取りを考えるときに、きっと将来の使い方も頭の隅っこに置いて考えますよね??

おーちゃん

4.5帖の小さい部屋が2部屋あったって、先々使いにくいんじゃない??

最初はそう思ってました。

でも、自分の状況を考えてみたら・・・

  • 大学生の頃や独身時代、実家に帰省した時に自分の部屋があったらホッとする
  • 結婚し、出産前後に里帰りした時に過ごしやすい
  • 子どもを連れて帰省した時に寝室として使える

おお、4.5帖でも個室があるとありがたい(∩´∀`)∩♡

と感じたわけなんですねぇ。

そんな感じで、4.5帖の2部屋は将来も使える!!と考えています♪

子供部屋の使い方は、家庭のライフスタイルによって違うし、ライフステージで変わっていくものだと思います。

自分たちが使いたいように、活用できるように間取りも考えたいですね(*^^*)

以上、子ども部屋の仕切り方についてでした!

インスタもしてます!
ブログにない内容の記事も投稿していますので、良かったらのぞいて見てみてくださいね♪
フォローしてもらえると嬉しいですっ\(^o^)/

ブログを読んでくださってありがとうございます!
良かったよポチッ!ってしてもらえると跳んで喜びます( ;∀;)♡
▼ ▼ ▼ ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました