【ドアが無くて困らん!?】あえてドアを付けなかった場所

おうち関係

おーちゃん

間取りを考える中で、結構悩んだ部分。

ドアを付けるか付けないか・・・

う~ん、もう変更できないけど未だに悩んでるのがホントのとこです(笑)

こんにちは、おーちゃんです^^

今回は、あえてドアを付けなかった場所についてです!

どの場所に、なぜドアを付けなかったか、ご説明していきます。

あえてドアを付けなかった場所

写真とはちょっと違う感じですが、我が家のあえてドアを付けなかった場所はコチラ↓↓

玄関ホールのハイドアを開けて中に入ると、ホール(廊下)に繋がります。

このホールとLDKの境目、ここにドアを付けませんでした!

普通こういうとこって開き戸とか引き戸、ありますよね?

でも我が家ではドアを付けなかった。

その理由を次に書いていきます。

ドアを付けなかった理由

これ、すっごい悩んだんです~・・・どうしよう、また考えたら悩んできちゃうわ(;´・ω・)笑←おい

えっと、で、ドアを付けなかった理由!!

  • 毎日使う通路部分で、ドアの必要性を感じなかったから(ドアがあってもほぼ開けっ放し)
  • ドアがない方がスッキリするから
  • 夏にリビングのエアコンを稼働させた時、ホールの方まで冷気が循環しやすいように

こんな感じでしょうか。

ドアを付けても良いかなと思ったんですが、無くても良いと思える点が強かったんですね~。

でも、開き戸を付けた場合と引き戸を付けた場合も考えてみることにします(=゚ω゚)ノ

開き戸を付けた場合

開き戸の場合は、LDK側に開ける感じのドアですね~

でも開けっ放しになることを考えると、う~ん邪魔な感じがします(-ω-)/

却下!(笑)

引き戸を付けた場合

引き戸の場合は、洗面台側に引き込む感じになりますね~

これなら開けっ放しでも邪魔にならない!

うん、良き◎

しかし、私はこの洗面台の左側に花瓶か鉢植えの植物なんて飾りたいんだよね~(-ω-)/

はい、コチラも却下!(笑)

って感じで思い切ってドア無しにしたんですぅ(・∀・)

ドアを付けなかった場合のデメリット

ドアを付けない意志が固いことは分かったところで、ドアを付けなかったらどんなデメリットがあるかも考えてみた!

  • LDKの音が筒抜け(会話、テレビ、食洗機など)
  • LDKの光が差す

子どもを寝かしつけた後は音や光が気になるかなあと思って、やっぱりドアを付けるべきかと迷いました(*_*)

でも主寝室の引き戸や子ども部屋の引き戸は必ず閉めていると思うので、大丈夫かなっ??

念のための対策:天井下地補強

一条でおうちを建てるとき、天井下地を1帖分(2マス分)標準で施工してもらえるそうです!

その2マスの内1マス分をこの部分に施工します。

もし何か目隠しや仕切りのようなものを付けたくなった時のための補強です。

使うことがあるかは分かりませんが、他に天井補強したい場所もなかったのでここに施工してもらいます(*^^*)

ドアを付けるか付けないか、かなり悩んだ結果、付けないことにしたこの場所。

毎日通る場所だからこそ、ドアの有り無しの選択が難しかったです。

住んでみてからしっかり検証したいと思います!

以上、あえてドアを付けなかった場所についてでした!

読んでくださり、ありがとうございました

インスタもしてます!
ブログにない内容の記事も投稿していますので、良かったらのぞいて見てみてくださいね♪
フォローしてもらえると嬉しいですっ\(^o^)/

ブログを読んでくださってありがとうございます!
良かったよポチッ!ってしてもらえると跳んで喜びます( ;∀;)♡
▼ ▼ ▼ ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました